PS4【ドラゴンボールファイターズ】感想 格ゲー初心者にも遊びやすい作品

 

こんにちは!いわやま しげるです。

今回はPS4【ドラゴンボールファイターズ】の感想を書いていきます!

タイトル:ドラゴンボールファイターズ

会社:バンダイナムコエンターテインメント

プラットフォーム:PlayStation®4

ジャンル:対戦型格闘ゲーム

プレイ人数:
オフライン:1~2人
オンライン1~6人

スポンサーリンク

ドラゴンボールファイターズってどんなゲーム?

ドラゴンボールファイターズは【バンダイナムコエンターテインメント】から発売された2.5Dの臨場感ある対戦型格闘ゲームで、開発を手掛けたのは【ギルティギア】、【ブレイブルー】でお馴染みの【アークシステムワークス】です。

 

本作には独自のストーリーがあって、各地に突如として悟空や仲間たちのクローンが現れて暴れだしたり、壊れてしまったはずの人造人間16号、そして倒したはずのフリーザセルまでもが復活し、それらの謎を紐解いていく様にストーリーが展開していきます。

 

格ゲー初心者でも進めやすいストーリーモード

ストーリーモードのシナリオは『超戦士編』、『敵戦士編』、『人造人間編』の3つがあって、超戦士編をクリアしたら敵戦士編が解放され、敵戦士編をクリアすると人造人間編が解放される。

各編とも限られたターンの中でマスを進んで行き、マップ中のボスを倒す事で物語が進んで行く。

敵のいるマスに止まるとコンピューターとの対戦が始まるんだけど、負けてコンティニューしても対戦したコンピューターに与えたダメージや、倒した状況が自分が負けた時の状態で維持されているので何度も同じコンピューター相手にコンティニューせずに済んでストレスを感じにくくなっていて、格ゲー初心者に優しい親切な設計です!

チュートリアルなんかは親切すぎて少々鬱陶しいくらいで、超戦士編は物語の終盤までチュートリアルが出てくる!しかも、既に経験したものまで。

 

まるでアニメを見ているような感じで対戦が楽しめる

ドラゴンボールって言えばやっぱド派手で熱いバトルシーンが魅力的ですよね!男なら誰しもが一度はスーパーサイヤジンに憧れを持つはず!

 

僕もスーパーサイヤジンに感化されて一体どれだけ鏡の前に立って力みながら、スーパーサイヤ人になったつもりの演出をしただろう?

正直数え切れない!

僕は現在30歳を越えましたが、未だに片方の手の指同士の幅を一定の間隔を広げた上で力を込めると、次第に指が痺れる様な感覚が何かエネルギー弾を出せそうな感じがして楽しいので、人知れず行っています。

あと、シャンプーを泡立ててスーパーサイヤ人みたいな髪型にするのも楽しいですな!

 

ちょっと話が脱線してしまったけど、ドラゴンボールファイターズはアニメの様に派手にドンパチした対戦を楽しむ事が出来ます!

例えば超絶的なスピードで相手の後ろに回り込んで蹴り飛ばしたり、相手の頭上から叩き込んだりなど。

特に名シーンを再現した迫力のある超必殺技には度肝を抜かれます!

セルを倒したときの親子かめはめ波、ブロリーを倒した時の親子三大かめはめ波、未来に戻った青年トランクスがセルを倒した時に使ったヒートドームアタックなど、ファンにとっては堪らない演出がふんだんに盛り込まれております!

それ以外にもキャラやステージの組み合わせによって、バトル開始時や決着後に発生する特殊演出なんてのもあります!

 

技のコマンド入力が簡易的

このゲーム、技のコマンド入力が非常に簡易的でロボタンを連打しているだけでも相手を空中に浮かせて勝手に追尾してくれます。

技も簡単なものが多く、波動拳コマンド(↓➘→ + ロor△or〇orⅩorR1orR2)が出せればほぼ全ての必殺技は網羅したといっても過言ではないです!

それと基本的なコンボさえ覚えてしまえばどのキャラクターでもある程度使い回せるし、火力もそれなりに出るので格ゲー初心者でも遊びやすい作品ですね!

操作面に関してもゲームパッドでの操作を意識して製作されているので、アーケードスティックコントローラーがなくても快適にプレイ出来ると思います!

3on3のチームバトル形式なので一試合が長くなりがち

総勢24キャラの中から3体のキャラを選出して対戦を行いますが、対戦中にキャラを交代する事が出来て、控えたキャラが受けたダメージは体力ゲージが青い部分まで回復していく。

そして、対戦中に1度だけ使える『Sparking!』を使えば攻撃力が上がり、超必殺技を使う際に必要な気力ゲージの増加量もアップし、さらに体力ゲージの青い部分が回復していきます。

そしてさらに『神龍システム』というものがあり、発動するとドラゴンボールでお馴染みの願い事を何でも一つ叶えてくれる神龍を呼び出すのですが、本作では神龍を呼び出した際に以下の4つから好きな効果を1つ選べます。

①「体力を全回復させてくれ」 操作中のキャラクターの体力を全回復させる

②「仲間を生き返らせてくれ」 KOされた仲間を体力が少ない状態で復活させる

③「究極のパワーを与えてくれ」 Sparking!アイコンが1つ追加される

④「不老不死にしてくれ」 試合中、体力の青い部分が自動で回復するようになる

情報元 ドラゴンボールファイターズ 公式サイト

残念ながら願い事の中に「ギャルのパンティおくれーーっ!!!」は無い様です!

神龍の発動条件は超コンボ(ロボタン連打)を相手に与えるとドラゴンボールが画面下にどんどん貯まっていくので、ドラゴンボールが7個貯まった状態かつ気力ゲージが7のMAXの時に更にそこで超コンボを当てると出現します。

 

ちなみにドラゴンボール蓄積状況は対戦相手と共通なので自分がドラゴンボールを7個貯めても、相手の気力ゲージがMAXで超コンボを当てられたら相手に神龍を出現させられてしまう!

なので、積極的に貯めていっても逆に相手に利用されるリスクがある為、狙う旨みがあまり無い気がしますな。

 

こんな感じで3on3で体力ゲージの回復手段も多めなのでどうしても一試合の対戦が長くなりがちです。神龍に関しては発動条件的に実戦で呼び出す事はほとんど無いとはおもうけど。。

まとめ

操作が簡易的であったり、ストーリーモード(超戦士編)で序盤から終盤にかけてのくどいくらいのチュートリアルや、コンティニューした際のコンピューターに与えたダメージ状況が引き継がれていたり、何から何まで格ゲー初心者を意識して作り込まれています!

僕が格ゲーで初心者におすすめするとしたら間違いなくドラゴンボールファイターズを選ぶでしょう。

ですが、オンライン対戦ともなるとやはり格ゲー初心者は手も足も出ないままボコボコにされるので、余程ドラゴンボールに対しての熱意がある不屈の精神の持ち主でトレーニングに励める人か、勝敗なんてものは気にせずにこのゲームの原作に則った様々な演出など、そういった所に楽しみを見い出せる様な人でなければモチベーションを維持させるのは難しいのではないかと個人的には思う。

 

僕は昔から格ゲー自体は好きで、『ストリートファイター』、『飢狼伝説』、『KOF』、『マーベルVSカプコン』、『ギルティギア』、『メルティブラッド』、『鉄拳』など、それなりにかじりはするのですがどれも中途半端で格ゲー上級者の人にボコボコにされてすぐにモチベーションが低下してやるきが無くなって売ってしまいます!

 

ドラゴンボールファイターズでもそうなる事は購入前から分かりきってはいたけども、ついつい面白そうだと買ってしまう!

何とかしたいクセではあるけども、なかなか治らないもんですなw

 

というわけで、モチベーションを維持できるかは別として、格ゲー入門にはもってこいの作品だと思うので、興味がある方はプレイしてみてはいかがでしょうか!

 

 

このゲームをオススメ出来る人
●ドラゴンボールが好きな人
●爽快で迫力のある対戦を楽しみたい人
●複雑な操作を求められる格ゲーを敬遠していた人

 

 このゲームをオススメできない人
●対戦で負け続けるとモチベーションが維持出来なくなる人

 

このゲームの満足度【80/100点】

スポンサーリンク